[初心者が自分事としてやるSEO対策]Googleサーチコンソールとは?確認すべき3つのポイント

Googleサーチコンソールっていう言葉を聞いたことがあるけども、実際、見かたがわからないし、どうやって活用したらよいかわからない。用語が難しいしとあきらめてはいませんか?

私もそうでした。とりあえずSEO対策に有効だからと導入したものの十分活用できていなくて、ただ眺めているだけでした。

せっかく導入したGoogleサーチコンソールを活用していこうと思い、少しづつやりはじめたところ、新しく始めたブログでは、この3つのポイントを押さえることでSEO対策につながるのではと思えました。

はじめに、Googleサーチコンソールって何?

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleが提供する無料のサービスで、ブログなどを運営する上で欠かせないツールです。

Googleサーチコンソールを使えば、どのような「検索語句」でサイトやページにたどり着いたのか、検索ユーザーが「Google検索」をかけた際、どれくらいの位置にあなたのページが表示されているのかなどを知ることができます。

また、Googleサーチコンソールには、サイト上の問題点を知らせてくれたり、Googleから重要なメッセージを受信できる機能もあります。

Google 検索での掲載順位を改善する

Search Console のツールやレポートを使うことで、サイトの検索トラフィックや掲載順位を測定できるほか、問題を修正し、Google 検索でのサイトの注目度を高めることができます

Google Search Consoleより一部抜粋

ここで、サイトの検索トラフィックというわからない言葉がでてきました。

トラフィックとは、SEOなどでよく使われる言葉で、Webサイトでのユーザーのアクション数や訪問回数、セッション数などを指すそうです。Googleアナリティクスにも関係しているんだなと感じました。[Googleアナリティクスの記事はこちら

検索エンジンにとって信頼性の高いWebサイトや訪問者の多いWebサイトは、上位に表示されやすくなるそうです。

自分が時間や費用をかけて大事に育てたブログですもの、Google検索に表示されたいですよね。お客様、特に必要としているユーザーの目に留まってほしいと切に思います。

主な用語

合計クリック数クリックされて、実際に自分のブログに来てもらった回数
合計表示回数検索によって自分のウェブページのタイトルや説明文が
ユーザーの画面上に表示された回数
平均CTRClick Through Rateの略。クリック率。
記事が検索結果に100回表示され、3回クリックされた場合の
クリック率は「3÷100×100(%)=3%」
この数値が高くなるほど、ブログに訪問したユーザーが多いということ
平均掲載順位自分のブログの平均順位
クローラーインターネット上を巡回して、Webサイトのデータを収集している
Googleのロボット
インデックスクローラーによって収集されたブログや記事の情報をGoogleのデータと
して保存すること。インデックス登録されることで、Google検索に
記事が表示されるようになる。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違い

ツール役割
Googleサーチコンソール「アクセスする前」のユーザー行動を分析
Googleアナリティクス「アクセスした後」のユーザー行動を分析

一言でいうと、Googleアナリティクスの役割は、自分のウェブサイトに「アクセスした後」のユーザー行動の分析です。一方、Googleサーチコンソールは「アクセスする前」のユーザー行動を分析することができます。

だから、両方とも大事だよと言われているんですね。

まずは現状をみてみたら

[私の運営する健康系のブログのGoogleサーチコンソール]

ブログの初投稿は2023/6/7。はじめはGoogleサーチコンソールを知らなかったので、以下のグラフには8月から表示されています。

こう見てみると、ユーザーの検索結果に表示されているけれども、自分のブログがあまりクリックされていないということがわかります。これはもう少し分析して力を入れていく必要がありそうです。

ちなみに、一番クリックされている記事は、手首骨折の抜釘手術の記事です。

一方、この2つ目のブログのGoogleサーチコンソールはどうなっているでしょうか?

2024/3/9に立ち上げたばかりです。こんな感じです。

仕事の自給講座の皆さんが見てくださっているので、クリックがカウントされ始めています。大変ありがとうございます。

ブログを新しく立ち上げた人が確認すべき3つのポイント

新しく作成されたばかりのブログは、Googleに知られていません。

ということは、自分の新しいブログや記事の存在を伝えることで認知してもらえるようになります。

何故そんなことをするの?って思われた方もいるでしょう。

その実体験をお見せしますね。

これは、健康系の1つ目のブログにて、3日前に投稿した記事なのですが、それをGoogleサーチコンソールのURL検査というところで検索をかけると、「URLはGoogleに登録されています」の表示が出ました。

「失業保険の基本手当 日額3,612円の謎について」https://tesigoto-myself.com/unemployment-benefits

一方、新しく作ったばかりの2つ目のブログで、9日前に投稿した記事です。同じくGoogleサーチコンソールのURL検査に検索をかけたところ、「URLがGoogleに登録されていません」と出ました。

「[初心者向け]WordPress(ワードプレス)特有の使用頻度の高い用語集」https://happy-learning-labo.com/wordpress-word/

これを見てわかることは、新しいブログには、なかなかGoogleの巡回役のクローラーが探しにきてくれないのではと思われます。

この場合、いつ来てくれるかわからないので、自分から「クローラー君、新しいブログの記事を書いたから、見に来てください」ってリクエストしてみます。

インデックス登録をリクエストする方法

URL検査の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

しばらく待ちます。

インデックス登録をリクエスト済みと出ました。これで完了です。

記事を更新した時、このリクエストをしておくと、インデックス登録までの期間が大幅に短縮できると思いますので、大きなメリットです。

補足:Googleに登録されているかを確認する方法

Googleを開き、検索窓に「site:(確認したいURL)」を入力するだけで簡単に確認できます。

登録されていると、「Google Search Console をお試しください」の下に検索したページが表示されます。

登録されていないと以下のように、一致する情報は見つかりませんでした。と表示されます。

検索のキーワードを確認する

Googleサーチコンソールの検索パフォーマンスをクリックします。

グラフ下の「クエリ」というところがありますが、ここに表示された語句が、ユーザーがGoogleで検索されたキーワードです。

2つ目のブログは、Google検索でクリックされていないのがわかります。これでは説明のしようがないので、1つ目のブログを参考にしますね。

こちらが1つ目の健康系ブログです。まずは、「クエリ」をクリックします。上位のクエリから1つクリックします。

次に「ページ」をクリックします。すると、先ほどのクエリがどこの記事ページに行きついたのかがわかります。

記事を毎日書こう

Google検索に検索されるようにするためには、クローラー君に巡回する頻度を上げてもらうことが必要です。

ということは、開設したばかりのブログは、記事投稿の頻度を上げて、インデックス登録してもらうことが大切ですね。ブログが信頼されるには時間がかかります。継続は力なりです。

まとめ

Googleサーチコンソールについての確認ポイントをお伝えしました。

Googleにインデックス登録されることで、ユーザーに検索されてブログ記事に行きつくという流れが、なんとなくわかったのではないでしょうか。せっかく書いた記事は、見られるようにしたいものですね。

あとクリック数が少ない場合は、検索キーワードを意識したりして、既存の記事を見直すこともとても重要です。私もコツコツ頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。