Excel関数 簡単!姓名を分ける方法!

Excel(エクセル)の関数で、日常でも便利に使えそうなものを少しずつ紹介したいと思います。

関数を使わず、姓名を分ける方法(フラッシュフィル) 

これは、関数を使わなくても一瞬で分割できます。「フラッシュフィル」という機能を使います。

注意点は一つ。姓と名の間にスペースが入っていることだけです。名簿とか作る場合、役立つ機能ですねー!

やり方

①最初の一行だけ、姓と名を分けて入力します。

②データをクリックします。

③フラッシュフィルをクリックすると、④のように一瞬で姓だけ入力されました。名の方も同じ操作をすると入力されます。

しかし、この場合の難点は、氏名の追加があった場合、都度この操作をしなければなりません。

それを解決する方法が、次の関数を使って自動で姓と名を分ける方法です。

関数(LEFT、RIGHT)を使って、姓名を分ける方法

姓だけを取り出す方法

=LEFT(B3, FIND(“ ", B3) – 1)

を入力します。

そして、C4以降にも関数を入れたいのでドラッグします。すると姓だけ入力されました。

尚、まだ氏名が入っていない部分については、#VALUE!という表示になります。

名だけ取り出す方法

=RIGHT(B3, LEN(B3) – FIND(“ ", B3))

と入力します。

そして、D4以降にも関数を入れたいのでドラッグします。すると名だけ入力されました。

尚、まだ氏名が入っていない部分については、#VALUE!という表示になります。

こうしておくと、氏名の追加をした時、自動で姓と名を分割してくれるので、とても便利です。

このような基礎を少しでも知っていると、他にも応用が徐々にきくようになります。

長年の事務仕事のおかげで、こういうパソコンの操作は少しはできますので、ExcelやWord、PowerPointなどの操作で困っている方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Excel関数

Posted by yoko